2010年04月20日

よい/爆風スランプ

yoi.jpg

よい/爆風スランプ

高校を卒業して一時的にバンドから

遠ざかった私。依然ハードロック

志向でしたが、「あのハイトーンの

ボーカルさんなんていない」

ということでハードロックバンドは

すでにあきらめていました。

そんな私が日本のバンドで衝撃を

うけたのが爆風スランプ。

週刊東京少女Aの前奏のギター

フレーズには衝撃を受けました。

当時ヤンギにも載った事があって

ファンキー末吉が「I Love You♪、

ってやっちゃうところを中野は

なんだ坂こんだ坂♪ってやっちゃうのね」

みたいにインタビューに答えていたのが

印象的だった。

そんな異色バンド爆風スランプが

「無理だ〜決定盤〜」で「夜のヒットスタジオ」

「ザ・ベストテン」に立て続けに出演

した時はもう狂喜乱舞。ブラウン管の

向こうで大暴れする爆風スランプに

大興奮だった。

しかし司会者の「何やってんだこいつら」

的な視線には憤りを感じたけど(怒)

ハードロック、洋楽志向だった私が

日本のロックに目を向けるようになった

記念すべき作品なのです。

ミュージシャンバナー
ブログランキング【くつろぐ】




にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへ
にほんブログ村

http://www.geocities.jp/wildchrist2004/koichi.html

Wild Christホームページ(PC)
http://www.geocities.jp/wildchrist2004/
携帯サイト 
http://k1.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/wildchrist/?pnum=0_0
ラベル:爆風スランプ
posted by コイチ at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

炎の導火線/VAN HALEN

van.jpg

やはり高校一年の時に買った「ギター教室」の
類の本に載っていたVAN HALEN。
その本は五バンドの楽曲を紹介していて
ちなみに他のバンドはレインボー、M.S.G.、
ホワイトスネイク、アイアン・メイデン。

「暗闇の爆撃」は必死に練習しました。
あのライトハンドは「一体どうやってるの?」
ってフレーズで、演ってみるとそれほど
難しくはないんだけど、その後のエディの
ライトハンド奏法の進化を考えると
やっぱりアイディア賞&大胆だったで賞♪
といったところでしょうか?(笑)

「ユリガミ」は本家よりよっぽど有名だよね。
今でもこの曲のコピーをするバンドが
後を耐えないのは納得。
あのリフのかっこ良さ。あのノリ。
ほんとグレイト!!

その割にはエディはあまりコピーしなかった。
いや、弾けなかったのかな(笑)

ブログランキング【くつろぐ】




にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへ
にほんブログ村

http://www.geocities.jp/wildchrist2004/koichi.html

Wild Christホームページ(PC)
http://www.geocities.jp/wildchrist2004/
携帯サイト 
http://k1.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/wildchrist/?pnum=0_0
posted by コイチ at 04:47| Comment(2) | TrackBack(0) | バンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

「ホテル・カリフォルニア」/イーグルス





実は高校の時は「軟式テニス部」に所属。

2年生で辞めたけどね(笑)

で、同じテニス部の先輩が文化祭にバンドで

出演。うちの高校の文化祭は5月末から

6月ぐらいでちょうど衣替えの季節。

制服がやたら暑かった思い出が。

その先輩のバンドがオープニングで

演奏したのが「ホテル・カリフォルニア」

この曲はいいです。

私がギターを始めた頃には教本に必ず

と言っていいほどこの曲が載っていました。

曲の終わりの部分のソロ。コードアルペジオ

によるハモリはほんとに美しい♪

耳に残るこのフレーズは誰もがコピーしたく

なるってもんです。

以前、サンプラザ中野が「ホテル・カリフォ

ルニアって幽霊屋敷の歌ですよ。どこが

いいですか、あんなの」とTVで言っていた。

洋楽の歌詞の意味にまったくと言っていい

ほど興味がない私です(笑)ほんとですか?

でもよく考えてみると私、イーグルスは

他には「テイク・イット・イージー」

ぐらいしか知りません。

ちょっと年代がずれていたせいですね、

きっと。

ミュージシャンバナー
ブログランキング【くつろぐ】




にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへ
にほんブログ村

http://www.geocities.jp/wildchrist2004/koichi.html

Wild Christホームページ(PC)
http://www.geocities.jp/wildchrist2004/
携帯サイト 
http://k1.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/wildchrist/?pnum=0_0
ラベル:イーグルス
posted by コイチ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | バンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

夜明けのランナウェイ /Bon Jovi





ホワイトスネイクに参加した

ジョン・サイクスを初めて観た

「モンスターズ・オブ・ロック」に

「前座」扱いで参加していたのが

ボン・ジョヴィ。だけどこれが

かっこ良かった♪このバンドの将来を

予感させるには十分だった。

というよりは元々それだけの要素を

かねそろえていたバンドだったと

いうことか。

「ゲット・レディ」のリフでもうKO!

ジョンがアメリカ国旗を持って高台に

上がった姿がまたかっこよかった。

このアルバムのオープニングに収録された

「夜明けのランナウェイ」確か当時

石川秀美が「なんとかポリスマン」で

前奏をパクったんじゃなかったかな?

のちに「ランナウェイ」として訳されて

誰かも歌っていたような。

リッチーサンボラのギタープレイは決して

派手ではなかったが、このボンジョヴィ

ってバンドには凄くマッチしていたように

感じた。未だに現役の彼ら。

メンバーチェンジがあったのかどうか

よくわからないがリッチーサンボラは健在、

だよね(笑)

ジョン・ボン・ジョヴィの幾つになった

んだろう。ぜひ、ローリング・ストーンズ

並みにこれからもがんばって欲しい♪

にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへ
にほんブログ村

http://www.geocities.jp/wildchrist2004/koichi.html

Wild Christホームページ(PC)
http://www.geocities.jp/wildchrist2004/
携帯サイト 
http://k1.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/wildchrist/?pnum=0_0
posted by コイチ at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

ワイアード/Jeff Beck





ブロウ・バイ・ブロウでギターインストの

かっこよさを示したジェフ・ベックの

次なるアルバムです。基本的な流れは

変わっていません。ジャズ的な要素を多分に

取り入れ、スリリングなノリを出して

くれています。

一番のお気に入りは五曲目の「蒼き風」です。

印象深いメロディから始まり、ブースト音に

よるハードなフレーズ。ドラムが緊張感を

高めてくれます。

ジェフ・ベックがメロディアスなギタリストで

あることは間違いないのですが、それだけじゃ

ないところを魅せつけてくれます。

「今のギタリスト達はいい見本がいたからね」

とあるインタビューで話していましたが、

間違いなく自分のことを言ってます(笑)

それだけの事が言える自信と常に新しいことに

挑戦していく姿勢はほんとにすばらしいです。

にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへ
にほんブログ村

http://www.geocities.jp/wildchrist2004/koichi.html

Wild Christホームページ(PC)
http://www.geocities.jp/wildchrist2004/
携帯サイト 
http://k1.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/wildchrist/?pnum=0_0
posted by コイチ at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

ブロウ・バイ・ブロウ/Jeff Beck





「三大ギタリスト」の定義は時代によったり

好みによったりで人それぞれ違うと思いますが、

私がギターを始めた当時は「ジミー・ペイジ、

リッチー・ブラックモア、ジェフ・ベック」

なわけです。初めて買ったギター教本の

受け売りですが(笑)

やっぱり聞いてみなきゃ♪ということで

ジェフ・ベックのアルバムで初めに聴いたのが

このアルバム。教本には「スキャッターブレイン」

の楽譜が載っていてコピーしました。

基本的な指使いから始まるフレーズですが、

当時はむずかった。

この曲のドラムがまた変な入り方していて

すごく印象に残ってます。緊張感を高めて

くれるような。

そして「哀しみの恋人達」。チョーキング一発で

聴かせてくれます。ビブラートもすごくいい。

当時やっていた「クロスオーバーイレブン」という

ラジオ番組で流れた時には布団に入って

聴いていました。

ギターインストアルバムにも関わらず、当時

全米4位の記録を打ちたて、ジミーペイジには

「ギタリストのための教科書」と言われたこの

アルバムですが、当時はハードロックより

だった私の趣味。ジャズよりのロックはそれほど

熱中しませんでしたが、ギターインスト曲の

かっこよさを教えてくれたのはこのアルバムでした。

にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへ
にほんブログ村

http://www.geocities.jp/wildchrist2004/koichi.html

Wild Christホームページ(PC)
http://www.geocities.jp/wildchrist2004/
携帯サイト 
http://k1.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/wildchrist/?pnum=0_0

posted by コイチ at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

スリップ・オブ・ザ・タング/Whitesnake





ギタリストとしてエイドリアン・ヴァンデンバーグが

参加。前後してジョン・サイクス脱退。続いて

ヴィヴィアン・キャンベルが参加するが、

デヴィットにほどなく解雇される。

そしてこのアルバム作成中にエイドリアンが

ピッキングのスピードを上げるマシンによる

練習のしすぎで右手が腱鞘炎に。

ほとんどのトラックは録音済であったが、残る

ソロ・パートでスティーブ・ヴァイが参加。

スティーブはデヴィットに「君の好きなように

弾いていいから」と言われたらしいが、

エイドリアンには「もっとブルージーなものに

してもらいたかった」と発言されるなど、

アルバムとしてのバランスが欠けた内容に

なっている。個人的にはヴァイのソロプレイは

好きだが、それが曲に合っているかと言うと

また別問題で、彼のギタープレイがホワイト

スネイクの音楽とは別の形でアピールされている

ように感じる。

それでも前作同様、アメリカナイズされたこの

アルバムは興行的には成功を収めた。

この頃のデヴィットはアメリカでの成功のために、

そのためのミュージシャンを集め、今までと違った

音作りをしたため、古くからの彼のファンには

絶望されたかもしれないが、名ギタリスト達に

名声を与えた点は高く評価できる。かな?

ブログランキング【くつろぐ】




にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへ
にほんブログ村

http://www.geocities.jp/wildchrist2004/koichi.html

Wild Christホームページ(PC)
http://www.geocities.jp/wildchrist2004/
携帯サイト 
http://k1.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/wildchrist/?pnum=0_0




posted by コイチ at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

Whitesnake/Whitesnake





発売当時は「SERPENS ALBUS」というタイトルでしたが、

その後このアルバム、リミックスされました?

ディープ・パープル好きで、もちろん「Burn」が

好きだった自分だが、ホワイトスネイクには興味が

なかった。なぜならブルースだから。

ブルースだから、というのはおかしいかもしれない。

ブルージーなギターに興味がなかった。というのも

あるが、ホワイトスネイクにはスーパーギタリストが

いなかったから。というのが一番当たっていると

思う。バーニー・マースデン、ミッキー・ムーディーの

「渋い」プレイは高校生の私にはあまりヒット

しなかった。

デビッド・カヴァーデールも「ホワイトスネイクに

スーパーギタリストはいらない」と言ったような

記憶が。

だが「モンスターズ・オブ・ロック」のビデオを見て

ぶっとんだ!ギタリストはジョン・サイクス。

まずはギターの音がめちゃくちゃ好み♪

それにあの速弾き♪この時演奏していた

「ギルティ・オブ・ラブ」はほんとにかっこよかった。

で、そのジョン・サイクスが参加したアルバムが

こちら。ずいぶん後から知ったけど、一部ギターを

エイドリアンが弾いているとか!?

おなじみの「クライ・フォー・ザ・レイン」

「ヒア・アイ・ゴー・アゲイン」もあるが、

ジョンの曲、「バッド・ボーイ」「イズ・ジィス・ラブ」

「ストレイト・フォー・ユア・ハート」などなど

ほんとにかっこいい。「クライ・〜」や

「ヒア・〜」もジョンが参加し、アメリカナイズされた

からこそヒットしたのではないかと思います。

ちなみに私の一番のお気に入りは「ストレイト・

フォー・ユア・ハート」あのトリッキーな高速トリルを

駆使したギターソロはもう感動!一度コピーして

みたいです♪

にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへ
にほんブログ村

http://www.geocities.jp/wildchrist2004/koichi.html

Wild Christホームページ(PC)
http://www.geocities.jp/wildchrist2004/
携帯サイト 
http://k1.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/wildchrist/?pnum=0_0
posted by コイチ at 21:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

Eat `Em And Smile /David Lee Roth Band





アルカトラスの次にスティーブ・ヴァイが加入したのが

David Lee Roth Band。デイブがヴァン・ヘイレンを

脱退したのもびっくりだったが、次にスティーブ・ヴァイと

組んだのもびっくり。

一曲目「Yankee Rose」での「喋るギター」プレイは

面白かった。よく「泣きのギター」なんて言葉が

使われるけど、スティーブはギターを「笑わせる」

ことができるギタリスト。不思議なギタリストです。

二曲目「Shyboy」はアップテンポでノリノリな曲。

スティーブの速弾きもさることながら、ベースの

ビリー・シーンのプレイもすごい!!

ギタリスト並みのタッピングプレイに、三本指弾きに

よる高速プレイ。こちらもこんなベーシストはちょっと

いない。こんなハイテクプレイヤーが二人も参加

していたこのバンドってほんとすごい。

もちろん、ほんとにすごいのはデイブなんだけど。

このバンド、ステージングの派手さや機材の多さで

ギネスブックにも掲載されたとか。

「Yankee Rose」のプロモに出てくるジャケット写真と

同じ姿をしたデイブと開脚ハイジャンプも見ものです。


にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへ
にほんブログ村

http://www.geocities.jp/wildchrist2004/koichi.html

Wild Christホームページ(PC)
http://www.geocities.jp/wildchrist2004/
携帯サイト 
http://k1.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/wildchrist/?pnum=0_0

posted by コイチ at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

Disturbing the Peace/アルカトラス





音楽でも、自己主張に関してもリッチーのようだった

イングヴェイはそうそうにアルカトラスを脱退。

そしてその後釜としてオーディションで選ばれたのが

スティーブ・ヴァイ。そのオーディションには

クリス・インペリテリもいたそうで、

イングヴェイ在籍時のアルカトラスの音楽性を考えた

ならば、クラシカル路線のクリスが選ばれるのが

妥当なような気がします。

そのイングヴェイ路線だったギタープレイをグラハムが

嫌ったのかも知れませんが(笑)

イングヴェイのクラシカルな楽曲から、音楽性は

一変。さまざまな楽曲がちりばめられたアルバムに

なっています。

私のお気に入りは「God Blessed Video」「Stripper」

ですが、人によって好みが違ってくると思います。

それぐらいこのアルバムの曲は根底をロックにしながら

いろいろなジャンルのニュアンスがちりばめられて

います。

グラハム的にもいろいろな曲に対して彼なりの

アプローチをすることで、自分自身のボーカリストと

しての実力を見せつける事ができたのではないかと

思っています。

そしてイングヴェイとはまったく違うアプローチで

独特のギタープレイを見せてくれたスティーブ・ヴァイ。

彼を発掘した事で「グラハムはいいギタリストを見つける

のがうまい!」と評判になりましたが、・・・

ここまでだったようです(笑)

ブログランキング【くつろぐ】




にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへ
にほんブログ村

http://www.geocities.jp/wildchrist2004/koichi.html

Wild Christホームページ(PC)
http://www.geocities.jp/wildchrist2004/
携帯サイト 
http://k1.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/wildchrist/?pnum=0_0

posted by コイチ at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。